胴咲き桜

一本の木に咲く沢山の桜の花を見上げる時、桜並木の景色の中に身を置く時、近づいて一輪の花としてじっくりと眺める時、それぞれに、同じ桜の花ですが感じるものがあります。

 

桜の美しい季節です。

出張先への移動途中、見事な桜を見ては、色々な出来事と重ね合わせたり、ただただ見とれてしまっては、時計を見て慌てて歩き出す毎日です。

 

写真の胴咲き桜、私の目線の位置で、とても可愛らしく気持ちよさそうに風に揺られて咲いていました。

 

枝をいっぱいに広げて咲きほこる桜の姿も本当に見事で素敵なんだけれど、改めて一輪ずつ見る桜の花のなんてやさしいこと。

 

大きくも小さくも、両方見なくちゃね。

桜だけでなく人も。笑。

 

Contact

メモ: * は入力必須項目です

ひらばやしピアノ -ピアノ調律-

大阪府大阪市西区靱本町