悩み事

お客様より、メッセージが届きました。まだ、ホームページが立ち上がったばかりで日が浅いので、この嬉しさったら!

 

さて、メッセージの内容は、下記になります。

 

ピアノを続けていくことへの葛藤はありませんが、なかなか上達しないことへの悩みはあります。が、それをだれにも相談しない性格であることが何よりも一番深刻な悩みです。自立しているような、自立していないような、困った76歳です。

 

Homeの私のご挨拶の文章を、しっかりと目を通してくださったんだなぁ・・というのが、本当によく分かるメッセージです。

大津さんより30年以上後を歩く私が、すっきりとした答えが出せるのか不安を感じながらも、解決策を考えてみました。

 

なかなか上達しないことへの悩み以上に、それをだれにも相談しない性格であることが何よりもの悩みなのですね。是非、この姿勢は貫いてください。だれにも相談しないことで、この悩み事はこれ以上増えないからです。色々なアドバイスを受けることで混乱を招き、また新たな悩み事ができてしまいます。

自立しているような、自立していないようなということも、どちらが正しいか知りたい気持ちを押さえてくださいね。人が心を奪われるのは、正しいことでなく楽しいことのような気がしますので、白黒つけようとせず、状況に応じて都合の良い方を使い分けてみるというのは、いかがでしょうか?ただ、ご存知のとおり、世の中には悪い人もいますので、楽しいことの基準が自分と大きく違っていないかだけは、見極めが大切です。

困った76歳です。大津さん、困るどころか、この年齢を利用しない手はないんじゃないでしょうか!私が同じことをしたら槍が飛んできますが、76年間ご使用になられた脳みそには、新しいことを刻もうとすると消去しなければならないことも、それはそれは多々あるかと思います。ですので、忘れた、知らない、と公言しても許されます。

いっそのこと、悩み事を全て忘れてしまってください。

 

そうそう、大津さん、工具カバンを忘れていった私が言うのもですが、意外と覚えていることも多いんですよ。

ピアノをお家に迎え入れた日、80歳になったらデビューする宣言をされたこと、忘れていませんよね?

あと、4年しかありません。悩んでいる時間はもったいないです。調律後に聴かせていただくピアノも、きちんと上達してますから、ご心配なくです。

 

Contact

メモ: * は入力必須項目です

ひらばやしピアノ -ピアノ調律-

大阪府大阪市西区靱本町